オレたちは「つながる装置」でしかない!

2016-09-15 プロデュース, 書籍

tumblr_m1o34aOTuN1qi29x4o1_500

連日、福岡、大阪と回っている。
そこでも多くの人に出会い、語り合う。

そのときにオレは、

「生きてる」

って実感が湧く。
他社との対話の中で、

自分の存在を感じる

ということなのか。
ここ連日、9月22日に行われるオレの、

出版セミナー

に関する告知をしてきた。

http://haradashota.jp/seminar/nagakurasp/
(昨日までかと思ったら、昨日までが割引っぽい)

そんな中で小玉歩さんが4年前の動画の紹介とともに、
当時のことを綴ってくれていた。

ほんとにありがたい。

そして、当時の動画も。

今でも小玉さんとはつながっているし、
このときに創った

『クビでも年収1億円』

をきっかけにオレとつながり、今もつながり続けている人もいる。
これって、すごくないか?

オレたちは、

一連のつながりの中の一部

である。

人間関係もそうだし、
祖先との関係もそうだし、

もっと言えば、

仕事とかもそうなんだ。

何が言いたいかっていうと、

つながりを意識しろ

ってことなんだ。
意識することで、

生きてる実感

が湧く。

そして、つながりの一部であることを実感できると、

やること

が定まってくる。
そう、

つなぎ続ける

ということにファーカスできるからだ。

誰かにしてもらったこと、
誰かに教わったこと、

誰かに伝える

ってのが自然にできる。
さらに、

つながりを意識

すると、

自然の流れ、

に乗れるようになる。
そして、

ギブギブギブ

が自然にできるようになる。
まるで受けたボールをパスするように。

だから、

いろんなことがうまくいく

んだよ。
ほんと、これって身体で感じることだから、
わかりづらいかもしれないけどね。

オレの場合は、本をはじめとするコンテンツを起点として、
一連のつながりに参加するようにしているんだ。

その中で、とくに本はまだまだインパクトはあるんだ。
今でも最高に嬉しいのが、

「本を読んで、ここに来ました」

みたいなことを言われたときだったりする。
ほんと、

出版する

ってのは最高の

つながる装置

なんだよね。

つながるって言えば、
こちらもプロデュースしてます。

・加藤秀視さん「つながる力」セミナー
http://shushi-lp.jp/tsunagaru/

※こちらは4年前の出版セミナーを受けたイケジュンの対談。

 

<2つのPodcastもよろしく>

長倉顕太の裏・人生哲学「親は100%間違っている」
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zhang-cang-xian-taino-li-ren/id1085440567?l=en

井上裕之×長倉顕太の人生相談「自分で奇跡を起こす方法」
https://itunes.apple.com/jp/podcast/jing-shang-yu-zhi-zhang-cang/id1109764412?l=en

<オレの全著作が見れる著者ページ>
http://tinyurl.com/pfolmgf

<ベストセラー著者などとの対談満載!Youtubeチャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCMK0Ua9KV5zGjB2IIh6DTUw

<長倉顕太公式サイト>
http://kentanagakura.com/
(無料メルマガ「ナガクライズムレター」配信中)