「見えないものが見える」ようになる究極の言葉

2015-09-30 書籍

どっちでもいい、どうでもいい

毎月恒例の電子書籍ですが、本日、

『どっちでもいい。どうでもいい。〜人生がざわめく「片づけ」の嘘〜』
www.amazon.co.jp//dp/B015YCXMM6/

(今なら199円!このページでまえがきが読めます)

が発売された。

12036779_1017361911619437_5346854860172213452_n

これで18ヶ月連続。

「よくやりますね」

とかよく言われるけど、

「なんかよくわかんないけどやりたい」
「その先に何かある気がしてならない」

ってだけでやってたりする。
実際、儲かるわけじゃないし、時間も労力もかかるんだけどね。

ということで、今回は、

『どっちでもいい。どうでもいい。』

ってタイトルと同じ原稿ほか10篇を収録。

オレは人生において重要なのは、

・自分を知る
・環境を知る
・戦略を知る

だ、ってしつこいくらいに言ってる。
なぜなら、

知らないと恐怖や不安に飲み込まれるから

なんだ。

たとえば、オレは資本主義って環境を考えたとき、

借金をする

って選択をする。
そうすると、

「怖くないんですか?」

って言う人がいる。
オレはルールを知ってるから怖くない。

これと同じように、

知る=恐怖や不安を怖れなくなる

わけだ。
ただ、問題がある。

それは、この世はなにかと、

どちらかを選ばせようとする

ってこと。

安保法案、
戦争責任、
原発問題、

なんでもいいよ。
そういうものだって、だいたい「どちらか」しかない。

なんか世の中ってやたらそういう感じなんだよね。
ほんと。

だから、多くの人もそれに流されて、「どちらか」を選ぼうとする。
そうすると、結局、片側しか観ないから視界が狭くなる。

その結果、

情報を認知することができなくなる

ってことがおきる。
目の前にある情報をキャッチできなくなっていくんだ。

だから、オレは、

どっちでもいい。どうでもいい。

ってスタンスを取ることをすすめるんだ。

そうすると、一気に視界が広がるからだ。
どちらか一方しか観ないとと全然違うから。

だから、

どっちでもいい。どうでもいい。

っていうスタンスを取ることで、

・今まで気づかなかったことに気づく
・今まで気づかなかったチャンスに気づく
・今まで気づかなかった人の良いところに気づく

…とか、ほんと良いことだらけになる。

見える世界が変われば、人生は変わるから。

だから、オレは、

どっちでもいい。どうでもいい。

って考えをどんどん広めていきたい。
だって、

どっちでもいい。どうでもいい。

が広がれば、世界中から争い事がなくなるからね。
ということで、この本を広めてください。

『どっちでもいい。どうでもいい。〜人生がざわめく「片づけ」の嘘〜』
www.amazon.co.jp//dp/B015YCXMM6/

(今なら199円!このページでまえがきが読めます)

では。

ちなみに、こちらは昨日から募集開始。
続々申し込み入ってますんで、お急ぎを。

<「言葉」と「お金」について徹底的に考える合宿>
http://kentanagakura.com/money-word.pdf
ブックスタジオ大阪店でのビジネス1位。
12049517_962323407157526_6580820550440467037_n
ブックファースト新宿店でもビジネス1位。
http://www.book1st.net/ranking/0001/0003/page1.html

「シェア」「いいね」よろしく↓

<『超一流の二流をめざせ!』(長倉顕太著)>
http://www.amazon.co.jp/dp/4763134868

<長倉顕太公式サイト>
http://kentanagakura.com/
(無料メルマガ「ナガクライズムレター」配信中)

<ドキュメンタリー番組。デビュー作『超一流の二流をめざせ!』発売までの3カ月>