「借金が怖い」ならアナタは奴隷

2015-10-01 イベント, 哲学, 書籍

images

昨日発売した電子書籍、

『どっちでもいい。どうでもいい。〜人生がざわめく「片づけ」の嘘〜』
http://www.amazon.co.jp/dp/B015YCXMM6/
(今なら199円!このページでまえがきが読めます)

が売れている。
最高4位まできました。

スクリーンショット 2015-10-01 1.52.00

オレが今回、

どっちでもいい。どうでもいい。

をテーマにしたのは、あまりにも多くの人が、

言葉によって奴隷にされている

からだ。

そのことをオレはひたすら書いてきた。
また、それと同時に多くの人が、

お金によって奴隷にされている

から、

「言葉」と「お金」について徹底的に考える合宿
http://kentanagakura.com/money-word.pdf

をやることにしたんだ。

たとえば、アナタが、

「借金が怖い」

としたら完全にお金の奴隷だ。
別に、資本主義のルール上、借金なんて怖くない。

むしろ、昨今の経営においては。

ROI(投資対効果)

が重視されるわけで、無借金があまり評価されなかったりする。
つまり、

借金は悪いことでもなんでもないし、怖いことでもなんでもない

わけだ。
そもそも。きちんとした資本主義国家であれば、自己破産というルールがあるし、
自己破産したらかといって大したことは起きないわけだ。

本当のオレたちは、

思考をコントロールされ、
言葉をコントロールされ、
人生をコントロールされている。

いつも書いているけど、

言葉=思考
お金=現実

であり、

言葉×お金=人生

になっている。

だから、資本主義について、お金について知らないとやばいんだ。
ビジネスを考えるにしたって、

何もなくても売ることができるビジネス

だったり、

何もなくても買う方法

なんかもいろいろある。

でも、そういうものが見えるようになるには、

どっちでもいい。どうでもいい。

ってスタンスで世の中を観る必要がある。
だから、オレは

どっちでもいい。どうでもいい。

ってスタンスを重視してるんだ。

『どっちでもいい。どうでもいい。〜人生がざわめく「片づけ」の嘘〜』
http://www.amazon.co.jp/dp/B015YCXMM6/
(今なら199円!このページでまえがきが読めます)

では。

「シェア」「いいね」よろしく↓

<『超一流の二流をめざせ!』(長倉顕太著)>
http://www.amazon.co.jp/dp/4763134868

<長倉顕太公式サイト>
http://kentanagakura.com/
(無料メルマガ「ナガクライズムレター」配信中)

<ドキュメンタリー番組。デビュー作『超一流の二流をめざせ!』発売までの3カ月>