汚物をえぐり出す

2015-09-10 書籍

5703012_orig

まずは告知。9月27日に加藤秀視さんと池田潤さんとオレでトークライブやるんでスケジュールを空けておいてね。

では本題。『超一流の二流をめざせ!』の感想で、

「自分と向き合わされる」
「自分の中の感情が刺激されて、本当の自分が出てくる」

なんてのもある。
オレは読書っていうのは、著者の視点に触れることで、

「新しい自分に出会える」
「気づけなかった自分の内面に気づく」

っていう効果があると思っていた。

ところが、本を創る側になって思ったのが、

「読者を誘導することも簡単」

ってことなんだ。
ある程度、

きれいごとや、
耳障りのいい言葉を使い,

誘導することで読者に満足度を与えることは意外とできてしまうってこと。
それって、読書の意味ないじゃんって思うわけ。

ほんと、スピリチュアル系の本とかひどいの多い。
あと、スキル系の本もね。

読んだだけでできた気になってしまうやつとか多い。
読んだだけで見えた気になってしまうやつとか多い。

だから、『超一流の二流をめざせ!』では一字一句、読者に現実を観てもらえるように書いた。
そうすることで、心の中にある汚物を吐き出してもらいたいと思ったから。

そうやって純粋になることで、すべて普通に観ることができるようになると思ったから。
ほんと多くの人が

普通に観ること、
普通に考えること、
 
ができてないってこと。

加藤秀視さんがいつも

「純粋性」

ということを言うけど、不純なオレも『超一流の二流をめざせ!』を書くことで、
読者に純粋になって欲しかったんだじゃないかなって気づいた。

加藤さんのアプローチとオレのアプローチは一見違うけど、
純粋性って意味では一緒なんで、ぜひ、

加藤さんの『ONE〜「1つになる」ということ〜』

『超一流の二流をめざせ!』を一緒に読んでもらえると、

アナタの純粋性はより増すはずだ。

よろしく!

<ドキュメンタリー番組。デビュー作『超一流の二流をめざせ!』発売までの3カ月>
http://youtu.be/O6T-3YVSlE4

<長倉顕太の動画が満載のYoutube>
https://www.youtube.com/channel/UCMK0Ua9KV5zGjB2IIh6DTUw
(画面右下の「subscribe 」をチェックすると最新動画情報が届きます)
 
<毎月出してるオレの電子書籍>
http://tinyurl.com/pfolmgf
 
<長倉のより濃い情報を週一か二週間に一回配信!『ナガクライズムレター』>
http://kentanagakura.com/nagakura-ism/