その日、オレはある男と打ち合わせのため、六本木ヒルズに隣接するグランドハイアットトーキョーに向かっていた。 
普段はタクシー移動のオレが、その日は涼しかったこともあり徒歩で行くことに。
(本当は最近太っていることを気にしているからだった…)

そして、1階のカフェでその男とあった。
この日は、オレのデビュー作『超一流の二流をめざせ!』のマーケティングでもアイデアを出してくれたり、
彼を慕う若者たちを動員してくれたりした御礼もかねて会うことにしたのだった。
そして、言われたのが、

「ナガクラさん、若い奴らにそのマインド、経験、知恵を教える機会を作ってくれませんか?」

という言葉だった。

2012年6月にそれまで取締役マーケティング部長兼編集長をしていた出版社を辞めて、オレは独立した。
そのとき決めていたのが、

「歳下と仕事をしよう」

ということだった。
なぜなら、独立する前のオレは自分より歳上の人としか仕事をしてこなかったから。
きっと、どこかで、
「若者から学ぶことなんてない」
とバカにしていたのかもしれない。
でも、この歳になって、

 

「若い奴らこそ可能性が無限だから、オレのすべてを利用してもらいたい」

 

って独立したとき思ったんだ。
だから、最初に当時はまだ20代だった原田翔太さん、和佐大輔さんと会社を作ったりしたんだ。

 

「ナガクラさん、若い奴らにそのマインド、経験、知恵を教える機会を作ってくれませんか?」

 

という言葉をきいたとき、オレは、

「確かにオレがやりたかったのは、そういうことなのかもしれない」

と思った。

実際、オレは28歳で出版社に拾われるまで、何もなかった。

ヤル気もなかった。
能力もなかった。
金もなかった。
夢もなかった。
 

ほんと何もなかったんだ。

でも、  

たまたま出版社に拾われ、
たまたまベストセラーを出して、
人生が一気に変わった。
 

そのへんのことは、オレのデビュー作『超一流の二流をめざせ!』に書いた通り。  

そこからの10年は自分なりにぶっちぎって生きてきた。 いろんなこともあったけど、  

ベストセラーもたくさん出せたし、
家賃120万の青山のマンションに住んだり、
ハワイの高級住宅街に一軒家を買ったり、
一回のプロモーションで3億稼いだり、
上場企業と仕事したり、

 

ってことをしてきた。  

はっきり言って、いまとなってはどうでもいいこと。笑
でも、いろいろ体験してきたわかったことでもある。

 

ただ、言えるのは、  

「オレみたいに30までどうしようもない奴でも、
きっかけをつかめば業界トップまで上りつめ、 収入、人脈、情報を手にすることができる」

 

ってことなんだ。  

ある意味、
絶望的になにも取り柄がなかった、
絶望的に普通だった、
そんなオレでもそれなりの生活を手に入れることができたわけだ。

「じゃあ、具体的に何を伝えることができるのか?」
とオレは自問自答した。
結局、『超一流の二流をめざせ!』に書いたように、

お金
と 
環境

をどうコントロールするかになる
お金というのは当然だけど、

ビジネス、
投資、
使い方、

なんかだろう。

環境は、 

人脈、
居場所、

なんかだ。

 

もちろん、そのための最低限の知恵は必要だ。
でも、間違いなく言えるのは、
 

能力を高めることよりもルールを知ること

なんだ。
だから、お金と環境のルールを徹底的に伝えていきたい。

じゃあ、どうやって伝えていくのか。
もちろん、オレ一人でやることなんてできない。

だから、

「ナガクラさん、若い奴らにそのマインド、経験、知恵を教える機会を作ってくれませんか?」

といった男の全面協力のもと、この活動は始動する。
結局、お金と環境の両面から見ても絶対に見過ごせないのが、

資本主義

なんだ。   残念ながら資本主義では金を稼げる奴が影響力を持つ。
これが現実。
だから、若者には資本主義のルールを学ぶためにも、

 

「金を稼げ!」

と言いたい。

 

もちろん、オレもその方法を伝えるが、彼にも協力してもらう。
この男は、

短期間でいくつもの組織をつくり、その中から、

月収960万
や、
はじめて半年で月収180万

の若者なんかが続出している。

この男からメッセージがきてるからまず読んでみてくれ。

こんにちは、はじめまして。
Wと申します。

この自己紹介は、
28歳を終え29歳を迎えようとしてる
瞬間に書いてます。

そんな誕生日という節目に、
このとんでもないプロジェクトの告知が
できることが心から嬉しいです。

自己紹介をする前に、
まず、先に結論から言います。

このプロジェクトは
あなたの人生を大きく変えるプロジェクトです。

参加するためには年齢などの、
ちょっとした条件がありますが、
もしこれを読んでるあなたが、
この条件を満たす方であれば、
間違いなく参加すべきプロジェクトになります。

僕は今まで1000名(社)以上のクライアントと関わり、
それなりと言える成果をクライアントたちに、もたらしてきました。
1000名(社)と言っても、
ゼロ→イチの人間に対して指導をするのが好きなので、
クライアントの7〜8割くらいは、
ビジネスの知識も経験もない若者です。

そんな、
持たざる若者に対して、ビジネスで勝つための
戦略、知恵が学べる環境を用意し、
月収100万円クラスはたくさん。

年間で言えば2000万、5000万、1億、3億、5億と、
トータルの利益にしたら50億円以上を稼がせてきました。

前述しましたが これらの結果を出してる8割は素人の若者です。

エセコンサル、クソ指導者が増えてきたこの業界において、
限りなく短期間で爆発的な成果、実績を出させるということをしてきました。

ちなみに、一つ余談ですが、
ここでは詳しくは書けませんが、
もしあなたがインターネットビジネスに取り組んでいるならば、
おそらく一度は見たことのある、もしくは実際に買っている、
超有名なあの教材の販売者も元々は僕が指導した人間です。

ですので、自分で言うのはなんですが、
少なくとも20代のコンサルタントとしては、
トップクラスの実績を出していると思います。

・・・・と、まぁこんな感じで、自己紹介すると、
凄い人、特殊な人だと思われるかもしれません。
ですが会っていただければ分かりますが、
ぶっちゃけどこにでもいる、
至ってスタンダードな凡人です。
カリスマ性とか欠片もないです。
挫折とか失敗とかガッツリ味わってますし。
肥満化が止まらないですし。

では、なぜそんな普通でありながら、
普通じゃない実績を叩き出すことができたのかと言えば、

長倉さんの著書
「超一流の二流をめざせ!」で、

自分を知り、環境を知り、戦略を知ることが、
二流の戦う方法だと書かれてますが、
僕はまさにこの3つをある程度早い段階に知り、
それに合ったやり方を見つけたことができたため、
周囲の人間に比べると比較的早く、成果を出すことができました。

そして、
その経験をもとに無知、無能の僕でも勝てた方法を、
体系化しインフラを整え、それをシェアすることで、
多くの人間を勝たせてきました。
ですので、人を育てるとか、跳ねさせるのには、
結構自信があります。

で、話は冒頭に戻りますが、
このプロジェクトは間違いなくあなたの
人生を変えるプロジェクトになります。

なぜならば、あの長倉顕太が、
過去最高にあなたに近い距離で、
持ってる情報を惜しみなく解放し、
あなたはそれを手にし、身につけることができるという
贅沢極まりない環境になるからです。

長倉顕太という人間を知ってる人間であれば、
彼がどれだけの本物で、どれだけの本物と関わってきていて、
彼の近くで学べるということがどれだけ価値のあることかわかると思います。

では、このプロジェクトで何をするのか?
詳細はセミナーで話しますが、

このレターの冒頭にも書いてあるように、

『超一流の二流をめざせ!』で書かれてる内容を
長倉さん直々の指導のもと、
実践形式でトレーニングする場、

つまり超一流の二流を目指し、
実際になれてしまう場だと思ってください。

よく、長倉さんが、
人生は出会いでしか変わらないと言ってますが、
僕の人生は「長倉顕太」との出会いで変わりました。
まあ本人は「オレは別に何もしてないから。」と言いそうだけど 笑
だから、長倉顕太と出会うことで
生まれる衝動と衝撃を
今回このもっとも近い距離で、
あなたの目、耳、頭、心で、
感じてもらいたいと思ってます。

ちなみにこのプロジェクトにおける、
僕の役目は大きく3つです。

・稼ぐための最高の環境を用意する
・稼ぐために必要な戦術、戦略を徹底指導する
・稼がせる

このプロジェクトは実際に稼げるだけの
実力、能力を身につけていただかないと
話が先に進みません。

なので、初心者、サラリーマン、学生、関係なく、
まずは短期間で徹底的に稼いでもらうことになります。
この詳細はセミナーで話します。

実は僕自身がもっと長倉さんの近くで学びたい、
そしていつかは一緒に仕事をしたい、と思っていましたが、
それを実現させる時がきました。
こんな僕にとってもあなたにとっても夢のようなプロジェクトを、
29歳になった瞬間に立ち上げることができる喜びで
この文書を書いてる今もアドレナリンが出まくってます。

まだここでは話せませんが、
すでに長倉さんと打ち合わせをしていて、
様々なありえないヨダレ物の企画が始動する予定です。

・なぜ、このプロジェクトを発足させたのか
・どうやって長倉顕太を口説き落としたのか
・これからどのように長倉顕太と関わっていくのか
・あなたはどうやって稼いでいくのか
・あなたと長倉顕太でこれからどんな未来を紡いでいくのか

この全貌、詳細はセミナーでお話ししますので、
12月19日を楽しみにしててください。

「この男となら安心だ!」

ということで、今回、

・35歳以下の男女限定
・30名限定
・東京に頻繁に来れる人限定 

セミナーを実施することになった。

・「なんか成し遂げたい」けど、何をしたらいいかわからない

・とにかく「稼ぎたい」けど、何をしたらいいかわからない

・「やりたいこと」がないけど、何かしたいと思ってる

・お金と時間から「自由になりたい」けど、何をしたらいいかわからない

・仕事を辞めたいけど「まずは副業で稼ぎたい」けど、何をしたらいいかわからない

・「独立して成功する夢はある」けど、何をしたらいいかわからない

・「夢のための資金作りがしたい」けど、何をしたらいいかわからない

…など、1つでも当てはまるなら、必ず参加してもらいたい。

じゃあ、このセミナーの価格ですが、3000円でやります。
懇親会付きでこの価格でやるので、会場費とか考えると当然赤字。

つまり、オレは無償でやります!

それくらい熱い若者と会いたいんだよね。
実際、オレがいま一緒に仕事してる連中は、オレのセミナーに来たことある若者ばかりだ。

もしかしたら、そんな出会いになったら嬉しいわけよ。

 

― セミナー詳細 ―

日時 12月19日 13半時開場 19時半終了予定
会場 東京都内
参加費 3000円(税別)

ここまで読んでくれてありがとう。
オレがいつも言ってることだけど、

「人生は出会いでしか変わらない」

ってこと。
だから、オレは、

「お金と時間は出会いに使え!」

って教えているわけよ。
きっと、12月19日が、

あなたにとっての「人生を変える出会い」

になることだろう。
その出会いによって、
あなたは新たな仲間とも出会う
はずだ。

12月19日待ってます!

KENTA NAGAKURA(長倉顕太)

1973年東京生まれ、学習院大学卒。
プロデューサー、コンテンツマーケター。

大学卒業後、歌舞伎町で働き、
その後、ギャンブルをやるために渡米。
帰国後はフリーターなどを経て、
28歳のときに出版社に拾われ、
編集者としてベストセラーを連発。
その後、10年間で手がけた書籍は
1000万部以上に。
現在は独立し、
コンテンツ(書籍、電子書籍、オウンドメディア)の
プロデュースおよび、
これらを活用したマーケティングを
個人や企業にコンサルティング。
無名新人をプロデュースし、
ベストセラー著者に導く手腕は高く評価されている。
3万部でもベストセラーと言われる出版不況の中で、
半分以上の書籍を5万部以上にしてきた。
また、コンテンツを活用した
個人や企業へのブランディングにも定評がある。
尊敬する人は音楽プロデューサーのリック・ルービン。
音楽をこよなく愛し、
パンク、ロック、ヒップホップ、ジャズなど
クラシック以外の音楽なら何でも聴く。
また、好きな作家はチャールズ・ブコウスキー、JGバラード、
リチャード・ドーキンス、阿佐田哲也。
また、個人の情報発信が自由への近道ということで、
自らのインディーズ的な活動としては、
電子書籍作家としても毎月のペースで出版中。

■手掛けた書籍

・怒らない技術 (嶋津 良智 著)
・「心のブレーキ」の外し方 (石井 裕之 著)
・なぜ、占い師は信用されるのか? (石井 裕之 著)
・英語は逆から学べ (苫米地 英人 著)
・なぜ、社長のベンツは4ドアなのか? (小堺 桂悦郎 著)
・略奪大国 (ジェームス・スキナー 著)
・30代でやるべきこと、やってはいけないこと (井上 裕之 著)
・クビでも年収1億円 (小玉 歩 著) ・仮面社畜のススメ (小玉 歩 著)
・不純な動機ではじめよう (原田 翔太 著)
・テトラポッドに札束を (和佐 大輔 著)
・今すぐフォロワーはやめなさい! (加藤 秀視 著)
・自分を愛する技術 (加藤 秀視 著)
・ONE 「1つになる」ということ (加藤 秀視 著)

第1弾:『親は100%間違っている』
第2弾:『世界観の創り方』
第3弾:『吾輩はクソである。』
第4弾:『It's Alive ~「今を生きること」は「自分」を大切にすること~ 』
第5弾:『ギブギブギブが現実化する 〜ナポレオン爺さんよ、さらば〜』
第6弾:『倦怠と賃貸と変態 〜「やる気」なんてないのがフツウ〜』
第7弾:『人生はすべて「偶然」でできている 〜「スピリチュアル」という幻想から抜け出すために〜』
第8弾:『負けるために生きる ~35歳と40歳のフリーターによる「運」にまつわるニューヨーク物語〜』
第9弾:『1984 人生はデリバティブでレバレッジ』
第10弾:『ザ・ワールド・イズ・ユアーズ 日本人のための奴隷解放宣言』
第11弾:『21世紀の借金論 お金を借りればパラダイス』
第12弾:『デビュー ゼロからミリオネアを創る成功法則』
第13弾:『副業中毒 「転職」「退職」を考えた人のためのダブルワーク入門』
第14弾:『プチ教祖の秘密 この世に聞いた、あの世の仕組み『スピリチュアル商法』
第15弾:『勃起力 ~「潜在意識」を発動させる連続性報酬プログラム~』
第16弾:『ゲロが止まらない ギブギブギブ経済時代の「情報資産家」としての生き方』
第17弾:『人生は「外出し」で ~ニューヨーク発!ストレスをエネルギーに変える方法~』
第18弾:『どっちでもいい。どうでもいい。 ~人生がざわめく「片づけ」の嘘~』
第19弾:『不自由に服従せよ 〜超一流の二流をめざせ!THE MOVIE BOOK〜』

■長倉顕太公式サイト
http://kentanagakura.com/nagakura-ism/

■ 長倉顕太の著者ページ
http://www.amazon.co.jp/%E9%95%B7%E5%80%89%E9%A1%95%E5%A4%AA/e/B00K06EO4W/ref=ntt_athr_dp_pel_1

1986年生まれ 現在29歳

20歳で世界最高峰と評される外資系ホテルの日本開業に携わり、
開業から僅か1年でホテルを日本ランキング1位、
世界ランキング7位に躍進させ退社。

その後、経営コンサルタントとして独立。

『人に寄り添うビジネス戦略』を絶対の理念とし、
いち個人からタレント、言語学博士、大手出版社など、
1000社(人)を超える多種多様なクライアントに対し
コンサルティング、プロデュースを行い、
今までに50億円以上の利益をクライアントもたらす。

現在は全国各地を飛び回りながら講演活動も行っている。