◆日本で奴隷が創られる仕組みを暴露し、奴隷を解放する!

10年で1000万部以上の本を売ったプロデューサーの電子書籍第10弾!

著者の活動のコンセプトがまさに「奴隷解放活動」ということもあり、渾身の一作に。

2015年という現代の日本の闇をえぐり、読んだあとに「不快感」すら残す。
しかし、それくらい真剣に「人生」について、「情報」について考えてきた男だから行き着いた哲学を公開!

「人生を変えることは不快なこと。快適な選択しかしないから人生が変わらない」

と言い放つ!

読み終えたあと、人間の持つ「矛盾」「闇」「嫉妬」「憎しみ」「自己嫌悪」…など、すべてが愛おしいと思える一冊。

誰にも言えない過去がある人にこそ読んでもらいたい。

まずは下記の「まえがき」をお読みください。

<長倉のより濃い情報を週一か二週間に一回無料配信!『ナガクライズムレター』>
http://kentanagakura.com/nagakura-ism

<『The World is Yours』まえがき>

◆夢幻地獄

本書を手にとっていただき、ありがとうございます。本書はオレにとって記念すべき10冊目の電子書籍。毎月出しているので、そろそろあきられそうだけど、オレの活動の軸でもあるので、「いらない」と言われても出し続けるつもりだ。
ところで、

無間地獄(むげんじごく)

というのを知っているだろうか。オレの大好きな映画『インファナルアフェア』で知ったんだが、「絶え間なく苦しみが続く地獄」のこと。もっとも、過酷な地獄のこと。
そして、オレは今の日本を、

夢幻地獄

と名付けたい。いや、正確には地獄どころか天国なわけだけど、それゆえにオレたちの多くが

生かされている

ってのが現実だ。だから、オレはあえて「地獄」と言いたい。
だってそうだろ?
多くの人がよくわかんない「不安」や「悩み」を抱えて、それを増幅させ、病気になる人もいれば、自殺する人も出てくる始末。

◆夢幻世界と現実世界

なにかがおかしいのがこの日本という国だ。
そこにずっと疑問を抱きながら、オレは編集者として活動してきた。その中でずっと考えていたのは、

「人はどうすれば変われるのか?」

ということ。ずっとずっとこのことを考え、あらゆる本を企画し、多くのベストセラーに関わってきた。おかげで10年間で1000万部以上の本を売ったけど、それでもまだまだ何も見えなかった。
でも、独立して、多くの人に関わるようになって、

自分なりの仮説

が生まれた。それは、

「現実世界が生きるのに楽勝すぎて、生きている実感がない」
「だから、現実世界に生きないで、夢幻世界に生きるようになった」

というのがオレの仮説だ。
詳細は本文を読んでくれれば、わかるはず。

◆現実世界のほうが楽勝なのに

ほんと、これは矛盾だよね。
でも、

人間は矛盾だらけ、
世の中は矛盾だらけ、

なわけよ。
だって、そうでしょ。
現実世界は辛くないのに、夢幻世界にはまり込んで「不安」や「悩み」から自殺する人がいるって。
でも、これって、結局、

生きてる実感

がないんだよ。そう、まったく現実世界を感じることができない。
オレたちは、

100パーセント夢幻世界

で生きれるんだよ。生まれたときからずっとね(詳細は本文で)。

◆偽のストーリーを信じたがる

しつこいけど、生きてる実感がないんだよ。オレたちは。
だから、自分自身の存在すら実感できない。
その結果、いい加減なストーリーを信じたがるようになる。
なぜなら、オレたちは、

不安になると、その不安を取り除いてほしくて「わかりやすいストーリー」を求める

ようになるからだ。夢幻世界で生きる中で、どんどん不安が増大することで、「目に見えない世界」や「スピリチュアル」や「陰謀論」というわかりやすいストーリーを信じたがるようになるんだ。

これが人間の性質なんだ。だから、ナチスとかが生まれたわけよ。
でも、オレは思うわけよ。
今は現実世界に早く戻って、生きたもん勝ちってこと。
だから、本書を書いたんだ。
読み終わる頃には、アナタを現実世界に引き戻してるから。
楽しみにしてくれ。
あとがきで会おう。

♦︎購入はこちらから
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00SXN3TL8