情弱大陸

2017-02-09 哲学

GTY-trump-02-as-170208_16x9_608

仕事ができない

のも、

結果が出ない

のも、

企画ができない

のも、

人間関係がうまくいかない

のも、

お金を稼げない

のも、

人生がつまらない

のも、

情報弱者

だから。

オレたちの見ている世界、
オレたちの感じている世界、

だって、全部、情報なわけだ。
だから、

情報の扱い方

さえわかえば、楽勝なんだよね。
でも、これって本当に難しい。

だって、オレたちの受けてきたのが、

情報弱者を創る教育

なわけだから。
オレは出版社にいたし、なんだかんだ適当にやってても、
楽しい人生送ってるし、平均よりは選択肢は多いほうだ。

だから、自分は情報弱者じゃないって思い込んでたよ。
でも、最近、

「オレも情弱だな」

って思うようになった。
それは、

トランプ大統領

のせいだ。
選挙戦のときは、

「別にトランプになっても同じでしょ」

くらいに思ってたし、

「トランプにはならないでほ」

ってどっかで思ってた。
だって、アメリカの報道がヒラリーよりだったから。

「どうせ情弱どもがテレビに踊らされてヒラリーに入れるよ」

って思ってたのかもしれない。

でも、どうだろうか。

トランプが大統領に就任してからは、
相当、ひどいし、やばい。

完全に油断したわけよ。

実際、アメリカではオレは移民扱いだ。
だから、あいつの動きはオレの人生に影響するわけよ。

それなのに、オレは油断してたわけ。
世の中を見ることができなかった。

と同時に、政治に無関心すぎたってこと。
オレは今まで、

「どうせ政治家なんて誰がなったって変わらない」

って思ってた。
だから、無関心を装ってた。

でも、今回のトランプの件で、相当、考えさせられた。
今後は、スタンスを変えるつもりだ。

オレは、

「老人に冷たく、子供にやさしい社会」

を創りたいと思ってる。
だから、

若者コミュニティを主宰したり、
住む場所を提供したり、
稼ぎ方を伝えたり、
若者のリーダーに本を書かせたり、

ってことをしてきた。

もちろん、若者だけじゃない。
老人がダメなのは、豊かじゃないからだ。

経済的にも、精神的にも豊かな老人だらけになれば、
権利を主張せずに、子供たちのために生きるはずだ。

だから、いろんなコンテンツで、
老後を豊かに生きれるようにしたい。

だから、今後はもっと政治に関心を持ちたい。
油断すると、とんでもないことになるって思うから。

結局、

情弱にならないためには「他者意識」がすべて

ってことなんだ。

他人がどう感じ、
他人がどう考えてるか、

がわかればいいだけ。
だから、オレは、

他人事を自分事にしろ

って言ってきた。
だから、

他人を応援しろ

って言ってきたんだ。
真剣に応援すれば、当事者と同じくらいの喜びや悔しさを感じれるから。

仕事ができない

のも、

結果が出ない

のも、

企画ができない

のも、

人間関係がうまくいかない

のも、

お金を稼げない

のも、

人生がつまらない

のも

他者意識

がないからなんだよね。

今日、飯屋のドアについてた貼り紙。

RESIST FEAR,ASSIST LOVE.
IMG_1580

<2つのPodcastもよろしく>
長倉顕太の裏・人生哲学「親は100%間違っている」
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zhang-cang-xian-taino-li-ren/id1085440567?l=en

井上裕之×長倉顕太の人生相談「自分で奇跡を起こす方法」
https://itunes.apple.com/jp/podcast/jing-shang-yu-zhi-zhang-cang/id1109764412?l=en

<オレのリアル本第2弾『親は100%間違っている>
http://kentanagakura.com/100/

<オレの全著作が見れる著者ページ>
http://tinyurl.com/pfolmgf

<ベストセラー著者などとの対談満載!Youtubeチャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCMK0Ua9KV5zGjB2IIh6DTUw

<長倉顕太公式サイト>
http://kentanagakura.com/
(無料メルマガ「ナガクライズムレター」配信中)