プロとアマの決定的な違い

2016-09-05 イベント, プロデュース

14194253_1164839770239221_1165303347_n

まずは告知。

一緒に1億円かけて人財育成の施設をつくってる、

加藤秀視さん

が今夜19時56分からのテレビ番組(TBS系)に出演する。

http://www.tbs.co.jp/sukikakiraika/

ぜひ、観てもらいたい。
そして、ちょうど、今月に施設が完成することもあって、
こんな企画を用意した。

14171832_1850320645186855_877279337_n

テレビで話題になる前に、急いで申込を。

では本題に。

良い関係性ができるかが、

プロデューサーとしての成果

につながる。
だから、オレはコンテンツホルダーとの付き合い方には、
ひと一倍こだわりがあるんだ。

だから、今日はオレがどういう付き合いをしているかを書く。
説教臭くなるけど、オレは、

「やり方」よりも「あり方」

がすべてだと思ってる。

加藤さんとの企画以外に、
さらに、最近、オレがリリースした企画が2つある。

1つは苫米地博士のもの。
14159337_1159200020803196_1055523447_n

もう1つは小堺桂悦郎さんのもの。
14159949_1162399800483218_1742002108_n
いずれもオレがプロデュースさせてもらう。

※これらのセミナーはいずれもメルマガでのみの告知になります。

苫米地博士とは10年ちょい、
小堺さんとは14年ちょい、

の付き合いだ。

小堺さんとなんて、オレが編集者なりたてのときから。
なにせ、オレが最初に企画した本が小堺さんの本なんだ。

そんな人たちと今でも仕事ができていることに、

感謝

喜び

誇り

を持っている。

オレは基本的に著者をはじめとるすコンテンツホルダーと、
つるまない。

プライベートで会うことはない。
だから、友人というのとも違う。

ただ、オレが10年以上続いている理由があるとすれば、

お互いプロフェッショナルとして仕事をした

ということだけだろう。
オレの場合なら、

数字

をずっとたたき出してきたことだと思う。
正直、プレッシャーはある。

でも、

数字

が出せなければ、プロデューサーとして失格もいいところ。
最近は、やり方だけ学んでプロデューサー気取ってるヤツらもいるけど、
そんなやつらにプロデュースされる人は可哀想だな。

ほんと悲劇でしかない。

だから、オレは無闇にプロデュースを受けない。
そりゃそうだろう、結果出せなきゃ、相手の

命取り

になるわけだから。

人生レベルで台無しにするんだぜ。

だから、

どうすれば数字が出せるか

って考え続けるのは当たり前。
オレが自分で情報発信したり、講演やったりするのも、
コンテンツホルダーの数字のためだ。

だって、オレが影響力を持てば、
勝たせやすくなるからね。

この世は数字という結果がなければ、
影響力は持てない。

ここから逃げたら、プロとしては失格でしょ。
だから、

0→1

は、なり振りかまわないでやるしかないし、
それを一緒にやれるのがプロデューサーなんだよ。
ほんと、最近はインチキが多いな。

1億かけて一緒に施設とか作れるのも、
お互いが結果にコミットできてるからなんだよ。

結局さ、プロのアマの究極の違いは、

一生付き合うつもりでやるか

なわけなんだよ。

とはいえ、楽しくないと意味がないし、
結果が出ないと楽しくない。

 

<2つのPodcastもよろしく>

長倉顕太の裏・人生哲学「親は100%間違っている」
https://itunes.apple.com/jp/podcast/zhang-cang-xian-taino-li-ren/id1085440567?l=en

井上裕之×長倉顕太の人生相談「自分で奇跡を起こす方法」
https://itunes.apple.com/jp/podcast/jing-shang-yu-zhi-zhang-cang/id1109764412?l=en

<オレの全著作が見れる著者ページ>
http://tinyurl.com/pfolmgf

<ベストセラー著者などとの対談満載!Youtubeチャンネル>
https://www.youtube.com/channel/UCMK0Ua9KV5zGjB2IIh6DTUw

<長倉顕太公式サイト>
http://kentanagakura.com/
(無料メルマガ「ナガクライズムレター」配信中)